This Category : 旅行のような話

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅日記⑥ ~ノイシュバンシュタイン城~

2011
11/23
*Wed*
またすっかりご無沙汰しまして。
放置し過ぎて読者もいない気がしますが、
元よりそんな大衆向けでもないからまあいいか。
ここのところツイてなくて、引きこもりたい病が発症中です。
発症しなくても引きこもってますが。お家最高。

さて旅日記。

ヴィース教会を出発した我々は、かの有名なノイシュバンシュタイン城へ。
途中草津温泉のような色の川を見たりしつつ、のんびり田舎道を走ると、
よく写真で見るあの白亜のお城が見えてきます。
外壁工事中と聞いていたけど、終わってる!!! ナイスノイシュ!!!
駐車場でバスを降りて、お城の近くまで行くバスに乗り換え、
森の中の坂道をのぼっていきます。

このバスを降りてすぐのところにマリエン橋という橋がありまして、
その上から城の全景が見渡せるのです。

ノイシュバンシュタイン城

青々とした木々の上にそびえる白亜のお城は、叫び出したくなるほど見事。
お城の上をハンググライダーが沢山飛んでいましたよ。私もやりたい!!

ハンググライダー

実はこのお城、建築終了からまだ100年ちょっとの新しいお城。
その為建築様式も色々ごちゃ混ぜで、橋から見た姿と、
その裏から姿とではまた何だか違うお城のようです。

入り口

こういう場所は雰囲気と、当時ここにいた人達の生活の様子を想像して
一人ニヤニヤと楽しみたい妄想族の私としては、
人が多過ぎてそれどころではなかったのが残念ですが、
理想の城を作って引きこもりたかっただけなんだよね、分かるよ、うんうん、
と築城主のルートヴィッヒ2世に一方的に感情移入する私。
こんなただの怠け引きこもりと一緒にされてルートヴィッヒまじ迷惑。

森の中の鳥

中は撮影禁止なので写真はありませんが、窓から外を撮る分には良いらしいです。
カフェの横からテラスに出られるんですが、そこから眺める眼下の景色は本当に綺麗。
こんな景色を眺めながらの優雅な生活…送りたいです、ホント…。
スポンサーサイト

旅日記⑤ ~ヴィース教会~

2011
10/09
*Sun*
年内には書き終えたい新婚旅行レポート。
しかしこのネタ終わっちゃったらもう書くことないなぁ。

旅行4日目の午前中はヴィース教会観光。
のどか~な田舎道に似合わぬ大きな観光バスがせっせと走ります。
こういう田舎の景色も大好きなので、もう夢中で外を見つめ続ける私。
建物は勿論、看板ですら私の心をくすぐってくるので大忙しです。

ロマンチック街道看板

かの有名なロマンチック街道を走ると、所々に「ロマンチック街道」と日本語で書かれた看板が。
それだけ日本人観光客が多いと言うことでしょうか。 少々異様な感じですが、撮らずにはいられない。

ヴィース教会は田舎道をひた走ったところにぽこっと現れます。
見た目は控えめな田舎の教会。 周囲には牛やヤギの牧歌的光景。

ヴィース教会

見所は教会内部です。 ロココ調の装飾はやり過ぎでは!?と思うほどゴージャス。
のんびりとした景色にホンワカした後で教会に入ると、心臓発作を起こさんばかりのギャップ。

ヴィース教会内部

ヴィース教会天井

これでもか!というほど盛り込まれた祭壇の装飾と、美しい大天井に囲まれると、
圧倒されて言葉も出なくなります。ここで悪いことなどとてもとても考えられません。
度肝を抜かれて放心状態の後、天国のようなタンポポの綿毛が広がる草原を眺めると、
何時間でもここにいたい、ああ来て良かった、と思います。時期も調整してホント良かった。
ヴィース教会の周りには何にもありませんが、それもまた魅力的でした。

タンポポ畑 牛たち

ツアーは色々見所を回れるのはいいけど、時間に追われるのが辛いところ。
ほわ~っとのどかな雰囲気に浸っていると、次行きますよ!となるので、
後ろ髪引かれながらも次の観光地、ノイシュバンシュタイン城へ。

ヴィース教会 バスの車窓から

⑥へ続きます。

旅日記④ ~ローテンブルク~

2011
08/14
*Sun*
さてさて、三日目の午後はローテンブルクへ。
3時位には到着してましたかね~。 中世の宝石箱の異名を取る街にワクワク。

ローテンブルクをぐるりと囲む背の高い壁の、すぐ横のホテルにチェックイン、
夕飯までまずは観光へ。 壁をくぐると石畳の床に可愛らしい建物!
私の眠れる乙女心装置は全開、多分誰よりも目がキラキラしていたはず。
それまで治っていなかった頭痛も吹っ飛び、
自由行動開始と同時に市庁舎の展望台へ音速のダッシュ!

市庁舎の屋根から 可愛い建物 市壁

街と周辺の景色の360度の大絶景。 景色も建物もサイコー!!!! ゲヘヘー!!!!
この日の為に新調したデジカメとメモリーカードもフル回転!!!!

市壁に囲まれているこの街に、近代的な建物などありません。
車はやたら停まってますが、そんなものは乙女フィルターで排除。
まるで中世の世界にタイムスリップしたかのような錯覚に、
すっかり自分が純ジャパニーズツーリストであることも忘れ、
似合いもしない素敵建物をバックに写真を撮りまくり、
そして自由行動の途中で力尽きるデジカメの電池。

めげない私は旦那様に預けていた予備の古いデジカメを略奪、
狂ったように写真を取り続け、引き気味の旦那様を夕飯間近まで連れ回しました。

teddy land クリスマスの夢を乗せて 細道ロマン

旅日記③ ~ハイデルベルク~

2011
08/09
*Tue*
ネットがヘソ曲げたり、仕事で憂鬱になったりで、随分ご無沙汰してしまいました。
旅行からもう2ヶ月以上経ってますが、今回もよろしくどーぞお付き合い下さい。

バラのある庭

三日目の午前中はドイツ南西にあるハイデルベルクへ。
天気も良く、絶好の観光日和でしたが、
前日の小麦ビール500mlがたたって頭痛に耐えながらの観光となりました。
飲めないお酒にはご用心。 でもビールこそドイツの醍醐味なので悔いはなし!

さて、ネッカー川沿いにあるハイデルベルクは、
ドイツ最古の大学を有し、丘の上のハイデルベルク城がシンボルの歴史ある街です。

エリザベスの門 ハイデルベルク城 

まずはハイデルベルク城から。
ドイツのお城は全体的に堅牢な要塞っぽいのですが、
ハイデルベルク城も例外ではなく、どっしりとした重厚感のある建物です。

城の中は上に乗れちゃう超巨大ワイン樽や薬品展示館の他に、
魔女の噛み跡が残る扉の取っ手だとか、間男の足跡なんてものもあります。
ちょっとファンタジー入っても欧州は違和感ないので楽しいですね~。

ついでにこれもまた余談ですが、
お城の脇にお庭があって、その入り口にエリザベスの門というのが立ってます。
これはこの城に住んでいた王様がお妃様への愛の印として、たった一晩で作らせたものだそうで、
その前で写真を撮ったカップルは幸せになれるそうでございますよ。

ハイデルベルクの街並み ハイデルベルク城の歴史

城のテラスから見下ろす街並みは素晴らしいの一言。
ヨーロッパの街並みと言うのはどこから見ても本当に綺麗。
特に上からの景色は絶対に見ておくべきだと思います。
ケルン大聖堂も登っておけばよかったかなあ。

お城をいそいそと観光後、近代的なケーブルカーで街の方まで下りまして、街を散策。
さすがに大学の街というだけあって、学生さんらしき人が多い。
こんな街で学べるなんて羨ましいっ…!

旅日記② ~ケルン~

2011
05/30
*Mon*
さて前回の続き。

クルーズ船内のワンちゃん ドイツの車窓から ケルンまでの道中 ケルンでのランチ

ケルンへは車で2時間弱程。
近付くにつれて晴れてきましたよ~!
その道中、高速道路の脇に鹿が普通にいてびっくり。
ドイツって車で有名だから、都会で工業!って感じだと思ってたんです。
でも畑やら緑はたくさんあるし、野良で兎やリスも見た!
電線も殆ど地下に埋設されているそうで、景観も◎。
なぜ日本の畑とドイツの畑は色が違うのかしら…

ケルンはドイツの真ん中より西に位置したライン川沿いの街で、
ローマ帝国時代からの歴史を持つ古い街。
ケルン大聖堂は世界遺産に指定されており、
大き過ぎて近くからでは全体像が見られないと言うことで、
ラインの対岸からまずはそのお姿を拝みます。 遠くから見ても圧倒的。
完成までに600年以上かかったという、途方もない建物です。

ケルン大聖堂 全体像

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

しゃきっぺ

Author:しゃきっぺ

日常を面白おかしく。

暇潰し程度に読んで頂き、
笑ってもらえりゃこれ幸い☆

 


結婚式をした人に20の質問

゚*☆ 12/1更新 ☆*゚
スクロールを止めたい時は
マウスを↓にon★

Q.1 男性ですか?女性ですか?
A.女です。

Q.2 結婚したお相手の年齢は?
A.年上です。やや離れ気味。

Q.3 相手の好きなところ、嫌いなところは?
A.優しいですね。心が広大。
でも常識はもう少し知った方がいいと思う。

Q.4 二人の好きな食べ物は?
A.私は基本和食。
旦那様は中華。

Q.5 二人の好きな音楽は?
A.私はほぼ洋楽オンリー。
そして私色に染まる旦那様。

Q.6 お付き合いから結婚までの期間は?
A.3年弱付き合いました。程良いかなと。

Q.7 プロポーズの言葉は?
A.一応ありました。そわそわしててばればれ。

Q.8 式場はどんなところ?
A.レストランもやってる和モダンなとこで。

Q.9 その会場にした理由は?
A.真っ白な会場は恥ずかし過ぎたので。

Q.10 両親とは同居?
A.次男ですので別居です。気楽。

Q.11 2人の思い出の曲は?
A.特にこれと言うのはないのですが、
Backstreet Boysのコンサートは行きました。

Q.12 したかった披露宴の演出は?
A.逆に何もしたくなかったのが本音。
来てくれた人をおもてなししたかったので。

Q.13 相手にして貰いたかったことは?
A.サプライズをちょっと期待しましたが…。

Q.14 相手にサプライズはした?
A.式が終わった後に手紙は渡しました。

Q.15 家族にした演出は?
A.手紙は読めなかったので渡しました。

Q.16 友人にしてあげたい演出は?
A.式とは関係ないですが、
して貰って嬉しかったので
友人の式で撮った写真で本を作ってあげたいな。

Q.17 引き出物、入れたかった物は?
A.引き出物…しょぼくてごめんね。。。

Q.18 今までで一番嬉しかった出来事は?
A.地味ですが、体調が悪かった時、
早く帰って来てせっせと看病してくれたこと。

Q.19 では、悲しかった出来事は?
A.海外挙式が出来なかったこと…。
この件は一生引きずると思います…。

Q.20 どんな家庭にしたい?
子ども何人ほしい?

A.シワシワになっても仲良しな夫婦。
子供は~…全然まだ考えられません。。。



久々に更新してみました。
次回は何にしよう?


 


世界遺産

世界遺産Powered by SEO

 


 


 


 


QRコード

QRコード

 


Copyright © *heute Freude* All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。